• お茶の原産地は中国で現在の雲南省のあたりで生まれたという説があります。日本には平安時代に遣唐使として唐に渡った最澄が持ち帰ったとされています。
    当時の都は平安京で現在の京都に位置します。唐から帰国し、平安京に帰った最澄は桓武天皇にお茶を勧め、そのまま都でお茶の栽培を始めました。時代は移り戦国時代になると、千利休に代表されるように茶の湯の文化が盛んになります。当時の都も京都で、今川義元や織田信長や豊臣秀吉といった大名たちも大きな目標として天下統一をもくろみその最後が天皇のいる京都に拠点を置くことでした。それだけ全ての中心が京都であり、茶の湯の文かも同じくして京都で発展していき、今日までその歴史が続いているのです。