• 芽茶

    お茶の芽の先の細い部分のみのお茶です。苦みの成分であるカテキンを作り出す前の葉なので、苦みが少なく旨みを多く含んでいます。見た目はコロコロとしており、味が濃く出るのが特徴です。