• ASIAGAPとは

    ≪概要≫

    農業においては、田植えや収穫といった作業だけでなく、土壌や水といった生産環境もよい農作物を作る上での重要なポイントとなります。安全な農作物を作るために、これら生産工程のすべてをしっかりと管理し、それを第三者が確認して評価できるようにしたものが、GAP認証です。農林水産省によれば、食品安全、環境保全、労働安全などの持続可能性を確保するための取り組みでもあるとしています。
    国際規格に対応し、輸出に活用できます。管理点はJGAPの約2倍で、人権や衛生に関する国際基準「危険度分析による衛生管理(HACCP)」などが加わります。東京五輪・パラリンピックでは選手村の食堂や会場の飲食店で使う食材について、GAPの認証取得を条件としています。
    GFSI(Global Food Safety Initiative:世界食品イニシアティブ)は、世界的に事業展開している主要な食品企業が平成12年に発足させた組織で、世界にある多種多様な食品安全認証プログラムの等価性を図るためのプログラムを運用しています。欧米を中心とした食品小売・製造事業者では、このGFSIに承認された認証を取得しているかどうかが取引条件となりつつあります。
    こうした流れのなかで政府は農産物の輸出促進のためにも、グローバルGAPなどの国際的に通用する認証取得の推進に加えて、日本発の民間認証が国際的に通用する規格にすることも課題としてきました。
    こうした流れのなかで政府は農産物の輸出促進のためにも、グローバルGAPなどの国際的に通用する認証取得の推進に加えて、日本発の民間認証が国際的に通用する規格にすることも課題としてきました。
    そのなかでGAP(適正農業規範)の取り組みでは、日本GAP協会が日本でもっとも認証件数の多いJGAPをもとに、GFSIの要求事項に応じてASIAGAP(アジアGAP)として改訂し、平成29年に11月にGFSIに承認申請を行いました。それが、ほぼ1年をかけた審査を経て、このほど承認されました。
    日本GAP協会によると、平成30年9月末時点でアジアGAPは1700農場が取得しています。GFSI認証取得によってこれらの農場は国際的に通用する認証を得たことになります。


     

    ≪ASIAGAPの現状≫

    ASIAGAP認証を受けている茶農家は全体の0.5%と非常に少なく、認証茶葉を提供できる茶農家、企業は限られています。
    その中で私たち桃翠園グループでは抹茶や煎茶を含む緑茶(生葉、荒茶)・ウーロン茶(生葉、荒茶)・紅茶(生葉、荒茶)にて認証を取得しており、また「農家」としてではなく「企業」として生産を年間通して行っている為、品質・価格・数量において、ご希望に沿える形でのご提案が可能です。

     

    ≪ASIAGAP取得のメリット≫

    1 衛生管理、衛生観念に対する意識が向上し、異物混入の防止が図られる様になった。
    2 農薬・肥料の在庫量、作業日誌等の記録を残す習慣が自然と身に付くようになった。
    3 組合員1人1人が作業の安全性を意識し、そのための注意喚起が徹底される様になった。
    これにより製品製造に際し、危機意識を共有することで製品の安全性及び製品クオリティの向上が図られるようになった。
    4輸出対応を含めた国際基準であるので、原料の仕様目的の幅が大きく広がる。

     

    ■ASIA GAP指導員資格保有者
    金山 義史(かなやま よしふみ)
    所属:㈱出雲精茶 取締役 工場長
    ASIA GAP導入や認証獲得を目指す農家や企業に指導を行う為の資格です。
    当社ではより専門的にASIA GAPに基づいた生産や加工計画を行うため、指導員資格を持ったスタッフが現場で指揮を執っております。

  • 初代は何代も続いた桃農園をお茶畑にし、2代目も國次郎の名を襲名し、誰も栽培していなかったやぶきた品種の栽培を始め、県内のお茶業界に新たな風を吹き込みました。3代目正明は、中四国地方で誰もやっていないお抹茶の生産を始め、4代目健悦は社内のお茶の小売りに力を入れ、全国に桃翠園のお茶を広めました。5代目大樹は今回の地元の様々な企業を巻き込んだスイーツの通販事業と店舗展開、出雲抹茶のブランド化に向けて今動き出しました。
    私たち桃翠園はこのように誰もしてこなかったことや常に新しいことに目を向け挑戦しています。

  • 植えたお茶の苗が全て順調に育ったわけではなく、全体の1割は枯れてしましました。単純に根付かなかったもの、弱かったものもありましたが、以前田んぼだったところに水が溜まってしまっていたのです。当然田んぼなので水はけは悪く、保水力のある場所なので、雨が降ると田んぼのようになってしまい、お茶の木が根腐れを起こしてしまうことが多々ありました。そこでその畑のお茶を一旦すべて別の茶畑に移し、重機で掘り起し、水が抜けるように改良したり、土壌改良を行ったりし、1年がかりで何とか茶畑として機能できる状態にしました。

  • 可搬摘採機

    読んで字のごとく持ち運びが可能な摘み取り(摘採)の機械のことです。3人がかりで摘み取りを行います。2人が前方で機械本体をお茶の畝を挟む形で持ち、自動で機械につく刃が動き、お茶を刈ります。刈ったお茶は機械から出る風で後ろに飛ばされ、3人目が待ち構える袋の中に入ります。3人の息が合わないとうまく刈れない経験が物を言う職人の世界です。

  • 創業当時から脈々と受け継がれてきた技術は時代の進歩と合わせ、さらに磨きをかけて全国トップクラスの製茶技術であると自信を持っております。

  • 出雲抹茶の茶畑の周りには農家の方の野菜畑や民家があります。そこにお茶にまく農薬がかからないように風向きを考えて撒いたり、霜を防ぐ防霜ファンは朝の4時ごろに動き出すケースが多いので、そのことを先にお知らせし、了承を得ておいたりと様々な問題がありますが、地域の方々とお付き合いる上で大事なことなのでお互いに連絡を取り合い、時には地域の活動に参加し、親睦を深めながら日々の作業に当たっています。

  • 乗用摘採機

    畝をまたがる形の大型の機械で上に人が乗り、前に進みながら下についている刃が自動で動き可搬摘採機のと同じ要領でお茶を摘み、後ろについているタンクにお茶をため込んでいきます。広い茶畑だとこの常用の摘採機が大活躍します。

  • 茶畑の位置

    出雲市の市街地を抜けた山間部に出雲抹茶の茶畑はあります。

  • 店舗

    出来立てのお茶をお客様へお出ししたいという想いから工場や社屋の隣に店舗を建てました。
    「お茶屋だから出来る事」その上で「うちだから出来る事」は何かと考え、とにかく出来立ての物を、焙じたてのお茶を、ご家庭ではできないことを楽しんでもらえる店舗にしました。

  • 大雨による被害

    お茶の苗を始めて2年目に3週間以上雨が降らない時がありました。振ってほしいと思っていた矢先に待望の雨が降ってきたのですが、それは大変な豪雨で日照り続きの茶畑には雨水が吸収されるまでに川ができ、せっかく植えたお茶の苗の約4割が流されてしまいました。

1 / 512345