• 茶産地の変遷⑨

    各茶産地の中でも一番多いのが静岡県で、明治16年には2,710t、現在は39,400tの生産量があり、全体の4割程度を生産している。

  • 茶産地の変遷⑩

    茶産地の減少については一番大きなところでは急傾斜地の減少が著しい。

  • 茶産地の変遷⑪

    平坦地についても若干の減少傾向にあるが、作付面積自体が減少傾向にあるので、他の栽培地と比較すると占有率の減少にはなっていなし。

  • 茶産地の変遷⑫

    増えている地形別の茶産地は緩傾斜地で、理由としては品質の高いものが作れる傾斜地でありながら作業の効率もある程度確保できる理由からである。

  • 製茶の機械化⑮

    回転式蒸し機:大正13年に富永惣次郎・宮村壮一によって考案。

  • 茶園の機械化⑧

    手鋏の出現の作業者の負担軽減によって、茶園経営の規模拡大に大きく与力した。

  • 茶産地の変遷②

    明治10年から現在では陸前、越後、紀伊などは生産量が激減した。

  • 製茶の機械化⑤

    高林健三が各機械を発明した時期にはすでに製茶機械の特許出願は相次いでおり、初めて製茶機械を発明したわけではなかった。

  • 製茶の機械化⑯

    これらの発明により、今日の製茶機械のモデルが全て揃い、機械化による製茶一貫体系が成立したと言える。

  • 茶園の機械化⑨

    茶園経営の規模拡大ができたとはいえ、手摘みと鋏による摘採では手法に本質的な違いがあった。

1 / 1312345...10...最後 »