• 茶産地の変遷⑪

    平坦地についても若干の減少傾向にあるが、作付面積自体が減少傾向にあるので、他の栽培地と比較すると占有率の減少にはなっていなし。

  • 茶産地の変遷⑫

    増えている地形別の茶産地は緩傾斜地で、理由としては品質の高いものが作れる傾斜地でありながら作業の効率もある程度確保できる理由からである。

  • 茶産地の変遷⑨

    各茶産地の中でも一番多いのが静岡県で、明治16年には2,710t、現在は39,400tの生産量があり、全体の4割程度を生産している。

  • 茶産地の変遷⑩

    茶産地の減少については一番大きなところでは急傾斜地の減少が著しい。

  • 製茶の機械化⑬

    精揉機:明治32年に臼井貴市朗により考案。

  • 製茶の機械化㉔

    昭和39年ごろから、様々な機械の開発・改良が行われ、現在の製茶システムが確立され、工場の大型化とFA化が急速に進みつつあるのが現在の製茶機械と工場の状態である。

  • 製茶の機械化③

    より良い製品をより多く生産するためには製茶に関しても機械化が必須の条件となり、日本の製茶における機械化の必要性が生じた。

  • 製茶の機械化⑭

    中揉機:明治35年に村松錬太郎により考案。

  • 茶園の機械化⑦

    摘採鋏によって、手摘みの藥5~10倍に能率を向上されることが可能になった。

  • 茶産地の変遷①

    明治10年の全国主要茶産地の生産量からみて、現在の生産量は当時の10倍以上になっている。

1 / 1312345...10...最後 »