• 茶産地の変遷⑨

    各茶産地の中でも一番多いのが静岡県で、明治16年には2,710t、現在は39,400tの生産量があり、全体の4割程度を生産している。

  • 茶産地の変遷⑩

    茶産地の減少については一番大きなところでは急傾斜地の減少が著しい。

  • 茶産地の変遷⑪

    平坦地についても若干の減少傾向にあるが、作付面積自体が減少傾向にあるので、他の栽培地と比較すると占有率の減少にはなっていなし。

  • 茶産地の変遷⑫

    増えている地形別の茶産地は緩傾斜地で、理由としては品質の高いものが作れる傾斜地でありながら作業の効率もある程度確保できる理由からである。

  • 茶園の機械化⑫

    昭和36年、携帯型摘採機が発売され、手鋏の数倍の能率が達成された。

  • 茶産地の変遷⑤

    温暖地が増加傾向にある理由として、茶栽培には気候が温暖なところが適しているためである。

  • 製茶の機械化⑧

    高林が製茶機械の発明の第一人者として挙げられる一つ目の理由は、明治31年に製茶機械の特許を最初に取得したことである。

  • 製茶の機械化⑲

    摘採の鋏摘みや工場の機械化は、手摘みの手揉み時代の茶業経営と地域茶業の様相を一変させた。

  • 茶園の機械化⑬

    携帯型摘採機に続いて乗用型的先、可搬型摘採機が開発され、1時間当たり数百kgの摘採が可能となり、飛躍的に摘採の効率が向上した。

  • 茶産地の変遷⑥

    生産量が「大きく」減少した地域の理由として、藩政時代の奨励によりかなりの生産があった陸前、越後など栽培適地でない寒冷地の生産量が減少したものと考えられる。

1 / 1312345...10...最後 »