• 茶産地の変遷⑨

    各茶産地の中でも一番多いのが静岡県で、明治16年には2,710t、現在は39,400tの生産量があり、全体の4割程度を生産している。

  • 茶産地の変遷⑩

    茶産地の減少については一番大きなところでは急傾斜地の減少が著しい。

  • 茶産地の変遷⑪

    平坦地についても若干の減少傾向にあるが、作付面積自体が減少傾向にあるので、他の栽培地と比較すると占有率の減少にはなっていなし。

  • 茶産地の変遷⑫

    増えている地形別の茶産地は緩傾斜地で、理由としては品質の高いものが作れる傾斜地でありながら作業の効率もある程度確保できる理由からである。

  • 製茶の機械化⑪

    高林式粗揉機の発明の前後に次々と製茶に関する機械が発明されていった。

  • 製茶の機械化㉒

    近年、農業における後継者不足とそれによる高齢化は、茶生産現場でも例外ではなく、製茶工場での労働力不足、茶師不足を招いている。

  • 製茶の機械化①

    蒸し性である玉露、煎茶は古くから手摘みであった。

  • 製茶の機械化⑫

    揉捻機:静岡県の望月発太郎により考案。

  • 製茶の機械化㉓

    労働力不足であることに反して市場からは常に安定した製品が求められる中、これらに対応するために製茶機械についても大型化、連続化、自動化が試みらた。

  • 製茶の機械化②

    近世末期に煎茶が輸出対象になって生産量が増加した結果、手摘み・手揉みの能率では新芽が硬化してしまい、品質劣化が避けられなかった。

1 / 1312345...10...最後 »