• お茶に合う水

    お茶に合う水は軟水です。軟水は和食にも合うと言われていますが、その理由として硬水に比べ無味無臭であるとされ、素材の良さを楽しむ和食に向いていると言います。同じことがお茶にも言え、余計な雑味がない方がお茶の味をより堪能できることと、口当たりの柔らかな軟水がお茶のまろやかさと相まり、美味しさを挽き立ててくれます。

  • お茶の起源

    お茶の起源は中国の雲南省のあたりで、当時は「山茶」として山に自生するお茶を煎じて飲んでいた「薬」でした。

  • 中国からの伝来

    中国においてお茶の健康効果は民間療法として広まり、その美味しさも相まりより広く人々の生活に溶け込んでいきました。そしてお茶は中国の一大産業となり貿易の品として海外へ広まっていきました。
    ヨーロッパへは福建省から海路で伝わったと言われ、福建省では「茶」を「テ」と発音し、これが訛って「ティー」となったと言われます。
    日本へは本来の読み方「チャ」としてそのまま伝わり、現在でも「チャ」と呼ばれています。韓国でも「チャ」と呼ばれることから、韓国にも日本と同様の伝わり方をした、もしくは韓国を通って日本に伝わったとも言

  • 出雲・松江地方では江戸時代から続くお抹茶の文化の影響で、今日でも根強く人々の中に生きています。その為、各家庭では緑茶やコーヒーを飲む感覚で抹茶を朝・昼・晩・合間の休憩時やティータイムと1日に多い人で5~6回、しかも1回あたり2~3杯飲まれますので、最大一日に18杯も飲まれるのです。健康効果として1日1~2杯で十分と言われる抹茶ですので、その健康効果たるやとてつもない物があると思いますが、かえって胃を傷めたり、カフェインの過剰摂取による障害が懸念されますが、江戸時代より脈々と積み重ねてきた出雲地方の人たちの

  • お茶の原産地は中国で現在の雲南省のあたりで生まれたという説があります。日本には平安時代に遣唐使として唐に渡った最澄が持ち帰ったとされています。
    当時の都は平安京で現在の京都に位置します。唐から帰国し、平安京に帰った最澄は桓武天皇にお茶を勧め、そのまま都でお茶の栽培を始めました。時代は移り戦国時代になると、千利休に代表されるように茶の湯の文化が盛んになります。当時の都も京都で、今川義元や織田信長や豊臣秀吉といった大名たちも大きな目標として天下統一をもくろみその最後が天皇のいる京都に拠点を置くことでした。それ

  • お茶の栽培に適しているのは、
    ①温暖な気候であること
    ②水はけの良い土壌であること
    ③日照時間が長いこと
    ④寒暖の差があること
    ⑤良質な水があること
    ⑥霧の発生しやすい地域であること
    これら以外にもありますが、大きく分けるとこの6つです。
    これら全ての条件が当てはまる静岡県では古くから良質なお茶が取れることで有名になり、現在でも日本トップの生産量と品質を誇っています。

  • お茶の旬

    お茶の旬は4月中旬から5月中旬までです。これはその年初めての新芽がこのころに出てきて、一年間で平均5回摘み取られるお茶の中で最も美味しいお茶が取れるのがこの1番最初に採れるお茶で作るお茶「一番茶」です。

  • 蔵出し新茶

    春にできた一番茶は、取れたての頃は新茶と呼ばれ、その香りは一年間を通してこの時期にしか得られない貴重な物です。ですが旨みや深い味わいはまだ乏しく、新茶は味ではなく香りを楽しむものと言われます。この新茶を壺に入れ、蔵の中で寝かせて熟成し、秋ごろに風味がこなれて旨みが出てきたお茶は「蔵出し新茶」と呼ばれ、珍重されました。現在では保存の技術が進み、真空状態で保存・熟成することで酸化による傷みを避け、純粋に旨みだけを引出した蔵出し緑茶が楽しめます。

  • 【材料】
    豚バラブロック1本
    紅茶ティーパック2袋
    醤油1カップ
    酒1/4カップ
    みりん 1/2カップ
    砂糖大2〜3
    黒胡椒適量
    【作り方】
    ①鍋に肉、肉がかぶるくらいの水、紅茶のティーパック2袋を入れ45分間~60分煮る。あくがでるのでとる。
    ②醤油、酒、みりん、砂糖を鍋に入れ沸騰させておく。
    ③紅茶で煮た肉をとりだし、醤油等が入ってる鍋にいれ、半日つけて完成。
    火はかけないでおいておく。

  • ほうじ茶

    茶缶などに入れ、常温で保存してください。長期保存する場合は袋などに密閉し、冷蔵か冷凍にて保存してください。

1 / 2412345...1020...最後 »